業界用語辞典〜さ行

サービス提供責任者
常勤である介護福祉士、訪問介護員養成研修の1級課程の修了者、研修の2級過程の修了者で実務経験3年以上の者のいずれかに該当する者です。「訪問介護計画」の作成の他、利用の申し込みに関する調整、技術指導等のサービス内容の管理を担当します。
作業動線
作業者や物の動きを、連続する線で表したものです。動線は短く単純な方が能率的ですが、その線が短すぎて他の行動を妨げる場合もあるので、日常生活では適度なゆとりも必要となります。
作話
本当は体験しなかったことを誤って思い出し、作り話をすることです。
三大介助
入浴、排泄、食事介助のことです。
座位移動レベル
床に座った姿勢で這う、または手と膝で這う動作のみで屋内の平面移動が可能な人の、移動能力のことです。
支給限度額
介護報酬の在宅給付において、要介護度ごとに設けられた限度額です。区分支給限度額と種類支給限度額があります。前者はいくつかのサービスの種類の組み合わせを一つのサービス区分としてまとめ、その中で自由に選択できるもので、後者は各在宅サービスの利用量を需要と供給のバランスにおいてその市町村が設定することができるものです。支給限度額を超過したサービス利用の費用は、全額利用者負担となります。
社会生活技能訓練
日常生活上の一般的な技能不足(会話がうまくできない、余暇の使い方が下手、買い物が上手に出来ない等)を個人のレベルにあわせて学習、習得していくもので、SSTとも呼ばれます。精神障害者は、対人関係や職業生活、日常生活において特有の不器用さをもつために、社会生活を送る上で多くの障害を持っています。SSTはその人に必要な生活技能の習得を助け、地域社会で円滑に生活できるようにするためのものであり、患者の社会参加を促進し、生活の質(QOL)を高めることをめざしています。
社会的入院
病状安定期にあり医学的には入院治療の必要がなく、本来家庭での療養生活が望ましい者が病院に入院している、または入院することです。介護者がいない、住宅環境に不備がある、経済的な不安等家庭の事情がある他、心身障害や慢性疾患を患っている者も多くいます。
すくみ足
あたかも足が地面に貼りついたようになって、足がでない状態のことで、転んだりすることがあります。
生活障害
基本的な日常生活がうまくできなくなり、あいさつや会話など対人関係の技術が乏しくなることです。疲れやすくなったり、集中力に欠けることもあります。
洗身
浴室内でスポンジや手ぬぐい等に石鹸やボディーシャンプー等をつけて全身を洗うことで、洗髪行為は含まれません。
全人間的復権
障害を持った人が身体的・精神的・社会的・職業的・経済的に能力を発揮し人間らしく生きる権利のことであり、それを目指して行われるのがリハビリテーションであるとされます。
戻る

転職サポートを申込む
無料でご利用頂けます!

関連サイト一覧
  看護師の求人・転職
  看護業界の求人サイト
  看護師のコミュニティサイト
  ナースバンク・看護協会について
  看護関連用語
  薬剤師の求人・募集

↑ページトップへ
↑医療・介護人材バンクTOPへ

Copyright (C) SMS Career CO., LTD. All Rights Reserved.