業界用語辞典〜は行

ハートビル法
高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律です。
配食サービス
65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯に属する高齢者ならびに身体障害者であって、老衰、心身の障害及び難病等の理由により食事の調理が困難な者に対し、定期的に居宅を訪問して栄養のバランスの取れた食事を調理し提供することです。
バリアフリーデザイン
障害を持つ人が地域で生活することを阻む人為的につくられた障壁(バリアー)を除去し、だれもが利用できる建築物をつくったり、まちづくりに反映させたりする設計方法を言います。
フォーマルサービス
国や地方公共団体による、施策としてのケアサービスのことです。
福祉機器
身体機能に損傷を受けた障害者や、機能に衰えが見られる高齢者が使用する用具・器具又は技術的なシステムで、特に身体の損傷・能力の障害・社会的不利などを予防・補償・軽減または解消するために作られたものです。また、既成のものでそのように使用される用具や機器を指すこともあります。
不正受給
本来は介護等給付の支給を受けることができないにもかかわらず、不正な手段や申告により介護等給付の支給を受けようとすることです。現に給付を受けたか否かにかかわらず、厳しい処分が下されます。
普通徴収
年金が一定額(年額18万円)に満たない第1号被保険者の保険料徴収方法で、市町村が個別に徴収します。
便失禁
排便のコントロールを失い、何かのはずみに便を漏らしてしまうことです。下痢の発作の際の一時的なものや、あるいは直腸に便が硬く詰まった状態(宿便)になるなどして起こります。
保険事故
被保険者が「要介護状態」または「要介護となるおそれがある状態」(要支援状態)になる場合です。被保険者に保険事故が発生した場合には、その自立した日常生活の支援を図る観点から、保健医療サービス・福祉サービスに要する費用が保険給付として支給されます。保険事故の発生の有無は、保険者である市区町村が事前に認定(要介護認定・要支援認定)することになります。
保健補導員
昭和19年に長野県高甫村で初めて組織され全国に広 がった制度で、保健師のサポート役として市民に健康づくりの意識を啓蒙するのが主な仕事とされています。
ボタンエイド
リュウマチや脳性麻痺など、指先の動作が困難な方が、衣類を着たりするときに使用するボタンかけを可能にする自助具のことです。
戻る

転職サポートを申込む
無料でご利用頂けます!

関連サイト一覧
  看護師の求人・転職
  看護業界の求人サイト
  看護師のコミュニティサイト
  ナースバンク・看護協会について
  看護関連用語
  薬剤師の求人・募集

↑ページトップへ
↑医療・介護人材バンクTOPへ

Copyright (C) SMS Career CO., LTD. All Rights Reserved.